FC2ブログ
2016-08-17

おいらはワンコ

 おいらはワンコ。名前はある。コタローと呼ばれている。
 これから飼い主様といつものように散歩に出かけるんだけど、今日はよく知らない人間の若造がついてきている。なんだこいつ。
 時々見かけるけどおいらは信用しちゃいない。人間はみんな飼い主様と同じじゃない。ほら、この笑った顔でなに企んでるんだかわかったもんじゃない。
 若造は飼い主様のことを「じーちゃん」と呼ぶ。馴れ馴れしいやつだ。
 おいらの首輪に手綱がつけられる。すぐさまおいらは足を動かした。早く出かけようぜ、飼い主様!
 ああ、なんか喉にひっかかりを覚えるなぁ。この前食った草が原因か?
「じーちゃん、コタロー咳してるよ。風邪かな?」
 うるせえな。喉に引っ搔かてんだよ。あともう少しで出そう。かぁ……ぺっ。よし、すっきしりした。
 おっ、ここはおいらの縄張りだ。マーキングしないと。ちょっ、飼い主様、待って。まだマーキングの途中! まあ、いいっか。
 おいらの後ろで二人が話す。
「コタローな、草食べるんだよ」
「え、ほんとに? 美味しいのかな?」
 別に美味しかねえよ。
「それで多分、調整しているんだろうな体内の」
 その通りでサァ、飼い主様。
 草を食べることで胃の調整をしてるんでサァ。
 いつものように河川敷の橋をくぐり、細い道に出る。おお、夕日が綺麗だぜ。
「おすわり……おすわり!」
 いけねぇ、うっかり聞き逃してた。おいらは言われた通り座る。すると飼い主様はおいらの手綱を解いてくれた。しばしの自由時間ってわけだ。よっしゃ、走り回ってやるぜ。
 おや、なんかいるな。こりゃ鹿か。山の方角だな。来ないとは思うが、ちょっと警戒しておくか。
「コタロー立ち止まったよ。俺がいるから怖がってるのかな」
 バカ言うな。誰がお前みたいな小僧を怖がるかよ。
「多分、鹿がいるんだな。それで警戒してるんだ」
 さすが飼い主様だぜ、わかってる。
「鹿? 見えない」
 お前じゃ無理だ。
 まあ、もう少し先に行っても大丈夫だろう。さあ、駆け回るぞ!
 草もたくさんある。今のうちに食っておこう食っておこう。

 いやぁ、たくさん走ったしたくさん草も食った。飼い主様も背中を向けてるし帰る時間か。
「おすわり」
 今度はすぐに座る。そして手綱が繋がれた。おいらは今来た道を戻る。
 これが散歩ってやつだ。
スポンサーサイト



QRコード

QR

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ごあいさつ

ユウショウタ

Author:ユウショウタ
できることなら趣味に没頭したい、そんな野郎の自己満足なブログです。

最新記事
どうか『STRUGGLE』を読んでください!
カテゴリ
小説は『STRUGGLE』のカテゴリです。
見たくない現実
でも気にはなりますよね〜?
[ジャンルランキング]
小説・文学
3190位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
オリジナル小説
724位
アクセスランキングを見る>>
素晴らしいお方たち
コメントしてくれてありがとうございます。
FC2ブログランキング
押してくださると嬉しいです。

FC2Blog Ranking

これまで来ていただいた方々
すげー、こんなに来てたんだ!
フリーエリア
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
リンク
リンクフリーです!
記事検索
あなたの探したいものは何ですか?
月別まとめ
以前と比べると、書き方に違いが見られますが、決して別人になったわけではありません。決して別人になった訳ではありませんよ!
現実を見るんだ
さて、今日は何の日でしょうか。
07 | 2016/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる