FC2ブログ
2016-11-21

遊戯風味のデッキ

趣味で遊戯王のカードゲームやっています。毎日考えているのはいかにして、割と遊べる「遊戯(っぽい)デッキ(初代主人公が使っていそうなもの)」を作れるかということです。最近はリメイクカードが出たり、補助カードが出たりと過去の遊戯王へのプッシュがあります(ただし、現環境で戦えるほど強化がなされているかは微妙なところ)。

ブラックマジシャンやバスターブレイダー、カオスソルジャーのリメイクは記憶に新しいです。そこでインターネットで「遊戯王 遊戯デッキ 2016」と検索するとヒットするのは「ストラクチャーデッキ 武藤遊戯」ばかり!

違う! そうじゃない!

僕が見たいのは、現代にあるリメイクや補助カードで作られた新しい遊戯デッキなんだ!


しかし、探してもなかなか見つかりません。やはり遊戯のデッキは「スーパーヘヴィデッキ(海馬談)」ですので、趣味でなければ作ろうとしないはずです。

ならば!

自分が作ればいい!


そういうわけで、最近出たカードを中心に遊戯(っぽい)デッキを作りました。
以下レシピです。

=================================
【新規カードで遊戯(っぽい)デッキ】
メインデッキ:40枚
EXデッキ :15枚
サイドデッキ:0枚
=================================

【モンスター】21
破壊剣士の伴竜 ×3
クリボール ×1
聖なる魔術師 ×1
マジシャンズ・ローブ ×1
マジシャンズ・ロッド ×1
混沌の使者 ×1
超電磁タートル ×1
創世の預言者 ×1
ブラック・マジシャン・ガール ×1
幻想の見習い魔導師 ×1
マジシャン・オブ・ブラック・イリュージョン ×1
守護神官マハード ×1
破壊剣の使い手-バスター・ブレイダー ×1
バスター・ブレイダー ×1
疾走の暗黒騎士ガイア ×1
覚醒の暗黒騎士ガイア ×1
冥府の使者ゴーズ ×1
ブラック・マジシャン ×1
カオス・ソルジャー -開闢の使者- ×1
【魔法】11
黒・魔・導 ×1
千本ナイフ ×1
黒の魔導陣 ×1
黒魔術のヴェール ×1
手札抹殺 ×1
破壊剣士融合 ×1
七星の宝刀 ×1
簡易融合 ×1
龍の鏡 ×1
螺旋槍殺 ×1
死者蘇生 ×1
【罠】8
マジシャンズ・ナビゲート ×1
破壊剣の追憶 ×1
永遠の魂 ×1
イタクァの暴風 ×1
光の護封霊剣 ×1
聖なるバリア-ミラーフォース- ×1
安全地帯 ×1
貪欲な瓶 ×1
【エクストラ】15
音楽家の帝王 ×1
天翔の竜騎士ガイア ×1
竜破壊の剣士-バスター・ブレイダー ×2
超魔導剣士-ブラック・パラディン ×1
呪符竜 ×1
瑚之龍 ×1
オッドアイズ・メテオバースト・ドラゴン ×1
破戒蛮竜-バスター・ドラゴン ×2
琰魔竜 レッド・デーモン・アビス ×1
風紀宮司ノリト ×1
マジマジ☆マジシャンギャル ×1
幻想の黒魔導師 ×1
No.11 ビッグ・アイ ×1

【サイドデッキ】 0



「おい、レッドデーモンはジャックのカードだぞ!」と思われるかもしれませんが待ってください!

そもそもデーモンを使い始めたのは武藤遊戯です!
だからデーモンの新規と言うことで入れてもいいんですよ!(無茶苦茶な論理)

まあ、エクシーズもシンクロも入ってしまうと、途端にデュエルモンスターズの世界観ではなくなってしまうのですが、あくまで(風味)なので見逃してもらいたいです。

ここで【原作再現】となっていたら怒られても仕方がないですが、風味なのでどうかご勘弁を!
スポンサーサイト



2016-11-21

後輩の話

僕には後輩ちゃんがいるんだけれど、これがすごく常識のない人で、接しているといろいろと勉強になる。自分も常識がある人間だと自信を持って言えるわけではないけれど。

彼女のすごいところは「タクシーに一人で乗れないくらいには常識がない」という説明が嘘ではないことだ。

「なんで付き合うんでしょう? 土日まで会いたいって思うのが私には理解できない」
「絵が上手いって言われても私より上手い人がいるじゃん、と思えてしまってそういうの嬉しくないんです」
「舛添知事って誰ですか?(真顔)」
「先輩(僕のこと)、細い(小さい)ですね!」←見た目のことをとやかく言うな!

彼女の語録。

こうして見ると、常識がないというよりかはあまり俗世に興味がないとも捉えられる。
本人はゲームが好きでインドア派であるとのこと。
勉強や運動はそれなりにできたという経験から、できないものに対しては非常に考え込んでしまうようだ。全能感というやつだろうか。中高生の時期に僕も抱いていたことを懐かしく思う。
まだ彼女は一年生なので、高校生の時の感覚が抜けていないのだろう。来年までにはなんとかしてほしいものだが。

よく稽古帰りに一緒のバスに乗って話を聞いているが、彼女は自己評価に囚われているような気がする。世の中で最終的な評価を下すのは他人だ。だからこそ自己評価にこだわり続ける必要はないのだが、彼女はまだそれがわからないのだろう。人が褒めているのだから、それは素直に受け止めておけばいいと僕は思う。もちろん嘘で言ってくる人間もいるが学生の頃から気にすべきではないだろう。

理屈で話そうとする姿勢は女性としてはなかなか珍しいが、彼女の理屈はぽいだけであって理屈ではない。結局は自分のなかで考えただけなのだ。

そんな彼女と関わっていてどうして勉強になるのかというと、自分がこうならないようにしよう、と気付けることが大きい。一歩間違えれば、何の知識もないくせ偉そうなことを言ってしまう人間になってしまう。世の中には結構いるけれどね。
2016-11-21

もうすぐ卒業

文章力の向上を図るために、一時期は頻繁に更新していたブログですがまたしても停滞していた……。
いちいちパソコンつけてキーボード打つのが面倒だったといのもあるけれど、卒業論文が忙しかったという一応、それなりの理由はある。

それで今回は卒業論文の仮提出のときの話をまずしようと思う。
久しぶりに学科部屋に来た僕は、自分の順番が来るまで並んで待っていたわけだけれど、久しぶりに会った学科の女子大生にいきなり「ねえ、今日ってヨウシいる?」と聞かれて一瞬何のことかわからなかった。
その日、持っていかなければならないものは卒業論文本体(表紙つき)と付属品(作品などがあればそれを)だけだ。そもそも要旨は本提出のときに必要であると書いてあるはずだが。みんな自分の卒業がかかっているというのに全然調べていないようだった。まあ、そんなものだろう。
そんな大学生に大きな顔されるのがたまらなく腹立たしいけれど。


フェイスブックで、毎週あんまり面白くない投稿している同期もいて、その人は「言語化することや自分のことを伝える練習の場としている」らしい。僕はまず論理的な文章の展開を身につけるべきだと思ったけれど、本人に言うと波風立てそうなのでやめた。
あるとき、その人が「あの自動車学校から出てるひとは事故率高いらしいよ」と言ったので理由を尋ねたら「大学の先生が言ってたから」と言われ僕は驚いた。大学生にもなってそんな理由で人を納得させようとしているのだろうか。あくまで世間話として楽しむのならいいかもしれないが、これから自動車学校に通おうとしている人間にそれを言うべきなのか否か、判断しかねるがそれでもその根拠はどうかと思う。


僕は承認欲求が強い人間だと思う。反面、他人が認められるのを見るとどうしようもなく悔しい気持ちと妬む気持ちが生まれてくる。フェイスブック含めてSNSでたくさんの「いいね」をもらっている人を見ると「どうしてこんな投稿でたくさんもらえるのに、自分はもらえないのか」と思ってしまう。他人の良いところは認めていかなければ自分も認めてもらえない、ということは重々承知している。最低限は人の良いところを見つけようとしている。それなのに結果が出ない。
やっぱり、世の中、「何をするか言うか」ではなく「誰が」ということが重要なんだろうな〜。
人気者には勝てないのだ。
それでも、全く認められない人生だったわけではない。大学から始めた居合では大会で結果を残せたし、学科の映像コンテストでは賞をもらえた。


大学四年間で学んだものはたくさんある。でも一番学んだことは何なのかわからない。

嫌な思い出は記憶に残るということか。それだとあまりにもネガティブすぎるのでやめよう。

強いて言うなら、ゼミの先生から文章力を褒められたので、文章力ということだろうか。「根拠が先生って自分で使っちゃうのかよ」となるかもしれないが、ゼミの先生はもともと文章を書く仕事に携わっていたから、この言葉には説得力がある。※特定の自動車学校卒業生の事故率を宣った先生と僕の文章力に対する評価をした先生は全くの別人。ちなみに、事故率云々の先生は心理学の先生なのでどっから情報を得たのかは知らない。


僕は大学では賑やかキャラとして認識されている。それゆえいじられキャラでもある。
きっとすべて承認欲求によって目立ちたいという感情から来ているのだろう。


高校の時にとある文章で、「他人が認識している自分」と「自分が認識している自分」は違いはあれど正しい「自分」だということが書かれていたことを思い出した。たとえ本人が違うと思っても、その位置から見ることはできないのだから否定のしようがない。ならば人からこう思われたいと思っていても、他人の視点を動かすことはできないのだから自分が変わるしかない。

そして、自分を変える方法は「環境の変化」と「新しい人間関係」だ。

QRコード

QR

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ごあいさつ

ユウショウタ

Author:ユウショウタ
できることなら趣味に没頭したい、そんな野郎の自己満足なブログです。

最新記事
どうか『STRUGGLE』を読んでください!
カテゴリ
小説は『STRUGGLE』のカテゴリです。
見たくない現実
でも気にはなりますよね〜?
[ジャンルランキング]
小説・文学
3190位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
オリジナル小説
724位
アクセスランキングを見る>>
素晴らしいお方たち
コメントしてくれてありがとうございます。
FC2ブログランキング
押してくださると嬉しいです。

FC2Blog Ranking

これまで来ていただいた方々
すげー、こんなに来てたんだ!
フリーエリア
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
リンク
リンクフリーです!
記事検索
あなたの探したいものは何ですか?
月別まとめ
以前と比べると、書き方に違いが見られますが、決して別人になったわけではありません。決して別人になった訳ではありませんよ!
現実を見るんだ
さて、今日は何の日でしょうか。
10 | 2016/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる