FC2ブログ
2017-10-29

彼女と付き合って6か月が経った。

 久しぶりに文章を打ちたくなり、日記をあげることにした。自分が設けたもの以外の制約の無い文章を打つのは久しぶりだ。自分の感性が落ちていないことを祈る。


……………………………………………………………………………………

 さて表題の件だが、実は彼女と付き合って今日で6か月経った。ということは、逆算すると、4月29日から付き合っていることがわかるだろう。
 今日は、そんな彼女との出会いと付き合うまでの経緯を

 4月の環境が一転した頃、僕は彼女に出会った。
 出会いの場はここに書くには憚られるので割愛するが、席が隣同士であったことは特筆事項だろう。それがなければ彼女と話すこともなかったであろうわけだから、運命というのは実に面白いものである。
 当時、僕は隣の彼女に自分の趣味を話し、彼女はそれを否定せず受け入れ、讃えてくれたことを嬉しく思った。また、それがきっかけで連絡先を交換することになり、それから毎日のように連絡を取り合っていた。彼女に惹かれていくのも秒読みだったのは明白だ。

 あるとき、僕は彼女にどうしても会いたくなった。理由としては、初めての仕事が大変すぎて、恥ずかしながら「このまま死ぬのではないか」と自身の生命の危機を感じたからだ。今にして思えばあの程度で死ぬわけがないのだが、当時の自分にはかなり過酷な精神状態だったのだと思う(状況は変わっても、その精神状態は今も変わっていないが)。
 会いたいと思った瞬間にはもう連絡を入れていた。しかも翌日に会えないかという至極自分勝手な誘いだ。それにも関わらず、彼女は承諾してくれた。実に懐の深い人だ。

 その日は朝から落ち着かなかった。

 着ていく服に悩んだり、早い時間に出てバスを間違えたり、とにかく自分が冷静ではないことがわかった。
 それなのに、「これは恋ではない。身だしなみを整えるのは当然のことだし、相手を待たせるのは失礼だから早めに出ることも普通だ」と言い聞かせている自分がいた。過去に何度も恋愛で失敗している身としては、迂闊に恋を恋と認めてはいけない意地のような感情が渦巻いていたのだ。
 待ち合わせ場所にいち早く着き、約束の時間を過ぎても彼女がまだ着かないことを知った僕は安堵した。
 というのも、やはりこの時点では自分が恋愛をできるとは思っていなかったので、彼女が時間を守れないということを理由に好きになることはないのではないかと考えたのだ。色々と当時の自分に言いたいことはあるが、一つだけ言うとしたら「もう好きになってんじゃん」だろう。

 数分後、彼女が待ち合わせ場所に現れたとき、僕は直視できないと思った。初対面のときに感じた地味な印象とは一変し、明るい服装の女の子がきょろきょろ僕を探しながら現れたのだ。
 ああ、だめだ。さっきまで思ってたことを撤回しよう。
 この女の子が隣を歩いてくれたら、僕は嬉しい。もちろん今日だけでなく、次も、そのまた次も。そう思った。

 それから公共交通機関で移動することになったのだが、ここで僕が少々不満に思ったことが一つ。それは、彼女と僕が隣同士ではなく、前後の席になったことだ。友達同士なら隣で座ることなんて普通だろうと思ったのだが、彼女は一人席に座ってしまったため、僕もそうせざるを得なかった。あとから聞いたことだが、彼女は隣に座るのが恥ずかしかったようだ。まあ、会ってそこまで日が経っていないのだし、異性ともなれば当然のことかもしれない。僕が異常だったのだ。とは当時の僕は思わなかったけれども、そのまま目的地へ向かった。
 結果的に、その日はとても楽しかった。お開きの時間になり帰るのが正直嫌だった。以前の僕だったらここで告白していたかもしれない。でも、その感情を押し殺し、さも「君とは恋愛をしたいのではなく、友達として関わりたい」という雰囲気を維持したまま、その日は帰った。

 ところがその日の夜、僕は彼女と通話することになった。そのときは、ただ趣味の話をするつもりで、深い意図はなかったのだが、会話が夜遅くまで続いたことでおかしな方向に行ってしまった。
 「もし、僕と付き合ったらどう思う?」と尋ねていた。彼女は「楽しいと思う」と、戸惑いながら返してくれた。
 それからも会話は色々とした。自分がこれまでどんな恋愛をしてきたか、そしてどんな失敗をしてきたか。彼女はそれらを聞いたうえで、僕を受け入れてくれた。ただ、僕の「好き」という感情がどのようなものなのか、よく考えて欲しいと言われた。
 僕は数日考えて、彼女に答えを伝えることにした。

 僕は、「恋愛感情として君のことが好きだ。だって他の人と君が一緒に歩いているのを想像したら、そこは僕でないといけないと思ったから(要約)」と伝えた。
 彼女は了承してくれたが、僕はやはり直接言うべきだと思い、後日直接言う機会をいただくことにした。それが4月29日だ。

 答えは最初からわかっているのに、いざ告白をしようというタイミングになると緊張が高まり、それが表に出てしまうほどだった(腹痛や吐き気)。情けない。
 それでもしっかりと想いは伝え、僕たちは文字どおり無事に付き合うことになった。

……………………………………………………………………………………

 懐かしい。
 そこまで遠い日の出来事というわけではないけれど、あのときの感情を思い出してみると、確かに僕は彼女と付き合いたいと思っていた。
 年月とともにあのときの感情を失くさないようにしたい。
スポンサーサイト



QRコード

QR

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ごあいさつ

ユウショウタ

Author:ユウショウタ
できることなら趣味に没頭したい、そんな野郎の自己満足なブログです。

最新記事
どうか『STRUGGLE』を読んでください!
カテゴリ
小説は『STRUGGLE』のカテゴリです。
見たくない現実
でも気にはなりますよね〜?
[ジャンルランキング]
小説・文学
3190位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
オリジナル小説
724位
アクセスランキングを見る>>
素晴らしいお方たち
コメントしてくれてありがとうございます。
FC2ブログランキング
押してくださると嬉しいです。

FC2Blog Ranking

これまで来ていただいた方々
すげー、こんなに来てたんだ!
フリーエリア
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
リンク
リンクフリーです!
記事検索
あなたの探したいものは何ですか?
月別まとめ
以前と比べると、書き方に違いが見られますが、決して別人になったわけではありません。決して別人になった訳ではありませんよ!
現実を見るんだ
さて、今日は何の日でしょうか。
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる